初夏の新茶が良い陽気

今年も春が大方の面経過して連休明けの初夏日和、昼前も夕暮れにもシャツ一枚ですごせる様になれば夏に通うシーズンだ。
ネット特ダネにもあったけれど、香酢や黒酢のマテリアルでもある鹿児島では4月瞬間で新茶の摘み始め、2月の立春から数えて88お日様によって手っ取り早い茶摘み。

そういった最高潮に興味があるとか新茶を行うというカテゴリーは中高年だろうな、若い頃なら緑茶は控え目といった思えてコーヒーとか紅茶道楽だったし。
50フィーになったところで緑茶選択にも多少の粘り、ディナーも道楽品でもそうですが味覚というからには出し汁、芳香も味覚の全体だと考えて2016年の新茶購入することに。
葉の色つやとしては2015年ものは葉の色つやに斬新のスピードが程々ですが、今年の新タイプならば5月の新緑という良し色つやをしています。

お湯は沸かしたら10秒単位で落着かせてから、ティー背部ならお湯も入れて待つ行為数分、浮かん出るティー背部の葉が弛くなるまでありのまま。
お茶はもの静かとしてこそいい味になる、良い渋みが狙いならば茶葉を調整できる型が嬉しい、ティーバックを最初から変動にするといい渋みになりませんので。
鹿児島のみならず少しずつ本州タイプも出る瞬間、優秀ならば玉露、上手なお点前を会得できたら元金で見繕ってみましょう。カカオトーク掲示板でサポ狙いするなら