盲目の歌声喫茶パフォーマンス

歌声喫茶でプチライブやるから来て従って年上の女友達に誘われました。
私の時期は「歌声喫茶」って何ですか?ですよ。
恥を覚悟で聞いてみたら、
カラオケが普及する前に歌フェチの奴の憩いのフィールド・社交フィールドとするカフェがあったらしいです。
カフェの中にアコーディオンを弾く自身がいてその歌唱によってみんなで歌うシステムで、
それを再現して友達がライブ解くから来てといった誘われたので行って見ました。
昔とまるっきりおんなじシステムではなく、生歌唱して、正しく1自身ボーカルの自身が
みんなの知る有名な歌を歌って来ている自身と共に楽しむのが意図だったらしいです。
私の友達はギターを担当していました。これ程ギターが賢明だったなんて驚きましたが
ひときわ驚いた事はボーカルの方が盲目の奴だった事態でした。
盲目の主人は自分が盲目だという事態に引け目を持っているのですが
眼が見えないから、感情をいっぱい神経質に受取る事ができると言っていました。
ライブ前に友達から盲目の主人を紹介されて、
どんな陳述をかけて上げれば良いのかずいぶん悩んでいたのですが
「大して気を使わないでね。貴女は心の優しい人ね」
と言われました。ぼくが内面で思っていた事を主人は感じ取ったのです。
素敵な人ですな〜と思いながら、主人の歌を聞きました。
その意見はみんなの心に染み渡って結構エキサイトをよびました
最後は自然と眼から涙が出ました。「歌声喫茶」をめぐって良かったし盲目の主人と会えたのも極めて嬉しい事でした。