豪快断トツのウィンブルドンマミー決勝

今年もウィンブルドンテニスマミーはセリーナウィリアムズが優勝しました。既に何年もこういう場面を見たのか思い付かが、今年も圧勝でした。テニスの4大フェスティバルは有償TVという契約していないボクにとってはウィンブルドンテニスしか視聴する機会が無く、年々マミーの決勝にはセリーナウィリアムズがいて先方が各回違うといった印象です。テニスは自分ではプレーする部分のないボクですが、確かめるのは穴場で、見冒頭のあたりはマミーテニス界はナブラチロワVSグラフが中央でした。ネットプレーで速攻形態のナブラチロワに関し、最初経路から徐々に先方を壊す牙城のグラフ。やがてグラフ時代になり、こっち10層はセリーナウィリアムズの時代に。セリーナのテニスはサーブで打ち砕く簡潔な勢力テニス。その一撃は破壊クイーンにふさわしい抵抗風だ。
今日のウィンブルドン決勝も劣勢になりかければサーブで圧倒して、先方をメンタルから追い込みプレッシャーをかけて行く。焦った賭け先方は自分から見逃しを重ねていって酷い状況になります。主人の最高凄いところはそのメンタルの頑丈さ。会場は強すぎる主人にほとんどエールは送らず、賭け先方のケルパーに大声援を送っていました。でもセリーナは自身のプレー格式を見失わず今年も征服をつかみました。これで4大フェスティバル22回まぶたの優勝でドイツの超人グラフに並びました。こういうUSAが生んです破壊クイーンはどこまで勝ち続けるのでしょうか。愛人募集・愛人契約の掲示板サイトで人気